排水管と排水パイプのナットの緩みによる水漏れ

水漏れによってシンク下が濡れていることがありますが、それにはいろんな原因が考えられます。まず大きな原因としては、排水管と排水パイプを繋ぐ部分にナットがあり、この部分の緩みが1つ挙げられます。いざという時のために、実際にナットが緩んだ場合の対処方法について知っておきましょう。

■ナットの緩みから水漏れが起こることがある

排水管と排水パイプを繋いでいる部分には大きなナットがあります。このナット部分が緩んでしまうと、繋ぎ目に隙間が出来てしまい、その隙間から水が漏れてしまいます。
ナットの緩みは年月の経過によるものが多いです。ナットが緩んでいる場合には、すぐにナットを締めなければなりません。そのまま放置していると、この先もずっと水が漏れてしまうことになります。また、シンクの下が濡れていると、衛生的にも良くありません。

■ナットを締め直せば直ることがある

排水管と排水パイプの繋ぎ目にあるナットは締め直すことで、隙間を改善することができます。ナットを締めることは個人でも可能です。ただ中には道具がなかったり力がなかったりしてナットを締めることが難しい方もいるでしょう。そういった場合には、水道修理の業者に依頼しましょう。
ただ、ナットを締めても水漏れが改善されない場合もあります。このような場合には、一度シンク下の点検をします。自分で点検ができない場合には、水道修理の業者に依頼をすれば、点検を行いトラブルの有無を伝えてくれます。いずれにしても、水漏れが起こった場合には、早急に対処をしなければなりません。

■まとめ
シンク下が濡れてしまう原因として、排水管と排水パイプの繋ぎ目のナットが緩んでしまうことが挙げられます。ナットを締め直せば症状が改善されることがあります。しかし、それでも改善が見られない場合には、他の原因を突き止める必要があります。それは個人ではなかなか難しいものなので、速やかに水道修理の業者に点検の依頼をする方が確実だといえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ